奄美グルメ通販@やっちやば

奄美グルメ通販@やっちゃばは、奄美の果物や黒糖焼酎を通して
故郷・奄美をご紹介しています。

 

ログインログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件検索条件

カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カゴの中カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • NEW
  • オススメ
商品コード:
mango_34p

奄美完熟マンゴー 化粧箱(2~3玉詰 / 約1キロ)

販売価格(税別):
4,500(税込価格:4,860円)
ポイント: 22 Pt
関連カテゴリ:
受付終了の果物

奄美完熟マンゴー 2~3玉 化粧箱詰(約1キロ)

 

一番人気のマンゴー2~3玉詰。糖度15度前後に仕上がった、奄美完熟マンゴーならではの濃厚な甘さをお楽しみください。

 

今期は収穫直前期の高温・日照りのため、収獲が遅れており、マンゴーの果皮に日焼け等があります。外見は劣りますが、美味しさには自信があるマンゴーを1箱に2~3玉詰めてお届けします。

 

マンゴーは自然落下を待って収穫するため、天候によって(日によって)収穫できない日もありますので、お届けにあたり、納期指定はご遠慮ください。

 

今期の奄美マンゴーは8月上旬から順次出荷いたします。終了は8月10日の予定ですが、台風の被害が出た場合には、早めに終了することもあります。あらかじめご承知ください。

 

 

 

※6箱まで1個口分の送料でお届けできます。

 

※奄美完熟マンゴーは樹上完熟してから収穫する果物なので収穫時期がはっきりしません。季節柄、台風の影響も受けますので、納期指定・日付指定はご遠慮ください。

 

 

商品の個口数について

配送先1ヶ所につき、奄美マンゴー6箱まで1個口で発送可能です。
お届け地域別の1個口当りの送料一覧

1個口当りの送料/配送地域 北海道
東北
関東
信越
中部
関西
中国
四国
九州 沖縄
1個口当りの送料 1,932円 1,632円 1,432円 1,232円 3,232円
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

奄美完熟マンゴー、糖度15度前後に、きちっと仕上がってきました

大変お待たせしました。

2017年の奄美完熟マンゴーの受付を始めますので、ご希望の方はぜひお申込みください。

今期の奄美マンゴーは、空梅雨を経て、梅雨明け後のうだるような高温・雨がほとんど降らない干ばつの影響が強く、なかなかマンゴーが自然落下しないため収獲が遅れています。また、強い日差しの影響で、果皮の色むら・日焼けが多いです。

さて、数は少ないものの、はやめに収獲できた奄美完熟マンゴーは、糖度15度前後と、しっかりと仕上がっています。


奄美完熟マンゴーならではの甘い香り、濃厚な甘さ。


8月1日から出荷しますので、ご期待ください。

マンゴー特有のねっとりとした甘い香り、なめらかで強い甘味

奄美大島は年平均気温22度と亜熱帯気候の温暖なシマなので、マンゴー栽培に適しており、いま、奄美大島はじめ、奄美群島では奄美マンゴー栽培が盛んです。

奄美群島で栽培されている奄美マンゴーはアップルマンゴー(アーウィン種)です。アーウィンは果肉が柔らかく、糖度14度ほどと甘味が強いために、国産マンゴーを代表する品種です。

奄美群島は亜熱帯気候のため、日差しが強いので、マンゴーに日焼け(色むら)があることも少なくないため、他産地のマンゴーと比べると外見は多少劣ることもありますが、一方、奄美群島では無加温(ハウス施設は必要ですが、より自然に近い状態)でマンゴーを育てられるため、美味しいマンゴーが育つものです。

奄美マンゴー特有のねっとりとした甘い香り、なめらかで強い甘味をぜひ、楽しんで頂きたいです。

無加温で育つ奄美完熟マンゴー

奄美大島でのマンゴー栽培は収穫期が7月下旬~8月中旬と、国内の産地では、もっとも遅いのですが、ハウス施設があれば加温する必要がありません。奄美大島でマンゴーを栽培する最大のメリットといえるのですが、気象条件が良いばかりではなくデメリットもあります。

それは春先の天候によって、実がつきにくい年があるということ。
もう一つは、特に秋に台風被害を受けやすいこと。

マンゴーは夏場の収穫が終わると、剪定(枝を揃える)に入ります。剪定作業が済んで10月ぐらいまでが樹勢を回復する期間なのですが、この時期に台風の被害を受けると、樹勢が低下することから、翌年の収量はとても少なくなるものです。

どんな果物でも収穫できる果実が少ない年はかならずあります。そんな年でもしっかりと育ち、出荷される奄美完熟マンゴーなので、じっくりと味わっていただきたいのです。

奄美マンゴーを育てる工夫

マンゴー栽培では剪定技術がとくに重要です。もともとマンゴーは20m以上の大きさになる樹木です。人の力で樹木を2m前後に抑えながら、果実を育てていきます。

奄美マンゴーは1つの果実ごとに誘引し、健全に生育させています。ガチガチに乾燥させた地面と主幹近辺に見られる土作り。ミツバチに受粉させるコツ。根が広がらないための仕掛け。雨を寄せ付けない工夫。熱帯並みの気温。朝から夕まで続く日照。種から育てた樹木。

奄美マンゴーは、いろいろな工夫のもと、栽培されています。写真はマンゴー農家の谷口さん。今期は収量が少ないものの、果実の一つひとつはしっかりと仕上がっています。

マンゴーの豆知識

マンゴーの栄養価
マンゴーは果物の中でもビタミンAの含有量は最高クラスで、成人病予防に効果の高いベータカロチンは柿の13倍も含んでいます。ビタミンB1をはじめとするビタミン類の多さが抜群でミネラルもたっぷり含んでいる体に優しい果物です。ビタミンAは視力を正常に保ち、病気の回復・人間の成長を助ける働きがあり、髪や皮膚を正常な状態に戻します。また、ガン予防にも効果があると注目されています。

奄美マンゴーの食べごろ
指先で軽く押して、果肉が柔らかく感じられる頃が食べごろです。まだ、マンゴーが固い時は、常温で追熟させてくださいね(やわらかくさせてください)。常温で保存すると完熟するに従って、マンゴー特有の甘い芳香がしてきますので、完熟の目安としてください。お召し上がりの前に、冷蔵庫でひんやり冷やしてお召し上がり下さい。

おいしい食べ方
1 果実部にナイフを入れ、種子に沿って3枚にきります。
2 切ったマンゴーを寝かして、さいの目にナイフを入れる。
3 皮の方から手で軽く押すと、果肉が飛び出します。
4 そのままスプーンですくってお召し上がりださい
5 種子についている果肉は、ナイフで削ぎ切りにしてお召し上がり下さい。

※糖度について補足
一般的な果物の糖度表示は、ブリックス糖度計を用います。おおむねの糖度が分かりますが、正確なものではありませんので参考程度にしてください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

自動推薦この商品を購入された方は、つぎの商品にも興味を持っています