奄美グルメ通販@やっちやば

奄美グルメ通販@やっちゃばは、奄美の果物や黒糖焼酎を通して
故郷・奄美をご紹介しています。

 

ログインログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件検索条件

カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カゴの中カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
商品コード:
banana-1k

吊るして食べる島ばなな

販売価格(税別):
2,000(税込価格:2,160円)
ポイント: 10 Pt
関連カテゴリ:
オススメの果物
島バナナの叩き売り口上黄色く熟した島バナナ。後2日ほどで食べ頃です。

吊るして食べる島ばなな

 

日本でもバナナが収穫できるって、ご存知でした?

 

こちら奄美では「島ばなな」と呼ばれる国産のバナナが栽培されており、青い状態で収穫して、お部屋で吊るして黄色く熟させてから食べるのです。

 

これだけなら、ただの珍しいバナナで済んでしまうのですが、島バナナは1キロあたり2500円ほどします。輸入物のバナナの10倍以上のお値段です。

 

珍しいだけで、こんなにお値段がするものでしょうか?

 

じつは島バナナは、通常のバナナと比べて、半分ほどの小ぶりな姿からは想像もできないほど濃厚な強い甘味と、ほどよい酸味がもたらす奥行きのある味わいなのです。

 

島バナナは生産量が少ない上に「生涯わすれられない」ほどの格別な味わいですから、希少な上に人気があって、ビックリするほど高値なんですよ。

 

果物好きならお分かりでしょうが、美味しい果物の条件は、甘さだけでなく酸味も含んでいること。島バナナは微妙な酸味があり、人によっては「マスカットのような芳香と味わい」だとも「フルーティーな香りと味わい」だとも、おっしゃいます。

 

美味しさの感じ方、受け止め方は人それぞれですが、島バナナは、特有の酸味が奥行きのある味わいをもたらすために、いろいろな印象を与えるんですね。

 

一言でいえば、目隠しをしても、

100本の輸入物のバナナの中から、1本の島ばななを見分けることができる

といえば、分かっていただけるでしょうか。

 

そんな輸入バナナとは一味違う独特の美味さをこの機会に是非ご堪能ください♪

 

お届けに際してのご注意
形状・性質により他の果物との同梱でのお届けはできません。
できるだけ青い状態でお届けしたいのですが、配送途中の天候・気温などによって黄色く色づく事もあります。この点はご了承ください。

この場合は、熟したわけではなく、やはり、吊るして熟させます。まれに寒冷な高地では熟しにくい場合がありますので、標高の高いところにお住まいの方、北海道のように寒い地域にお住まいの方は、ご注文の際に、その旨をご連絡ください。ある程度、熟させてから発送したりとか、なにか考えますね。

 

 

※お召し上がりの目安は、次のとおりです。
1人なら1~2キロ。4人家族なら3~5キロ。特にバナナが好きなご家族なら5~7キロ。

 

※複数ご注文いただいたお客様へは、できる限り元の状態に近い形(1房1房分けずにまとまった状態・たとえば3キロご注文いただいた場合は1本3キロ)で発送させていただきますので、ご了承ください。

 

 

※島バナナは常温発送いたします。できるだけ青い状態でお届けしたいのですが、輸送時に黄色く色づくことがございます。到着時に黄色く色づいていても熟した訳ではありませんので、島ばななと同封のリーフレットを参考に、しっかりと熟させてからお召し上がりください。

 

商品の個口数について

配送先1ヶ所につき、島バナナは10kgまで1個口で発送可能です。 可能な限り、1本でお届けします。

島ばななは常温でお届けしますので、クール便(冷蔵・冷凍)と同梱できません。ご了承ください。

数量:

美味しい島バナナの見極め方

熟したバナナ

熟してきた島バナナの写真です。バナナの果皮が割れていますが、こういう島バナナほど美味しいんですよ。
熟した頃の見極めるコツは、房と芯のつなぎ目の部分が黄色くなった頃です。
この写真のバナナは、つなぎ目が、まだ青いので後2日で完熟するでしょう。


島バナナの樹

台風で倒れた島バナナ

島バナナの旬の時期は例年9月~10月です。この時期の甘さは格別ですが、台風が多いシーズンなのが悩みの種です。
島バナナの樹は通常の樹木とは異なり、繊維質であるため強い風が吹くと次々となぎ倒されます。

この写真は2006年の台風の強風で倒れた島バナナの樹です。風速15~20mほどの風で簡単に倒されてしまうのです。

もともと奄美の島々は台風がよくあたる地域ですから、台風が接近するたびに島バナナには被害が出ます。
強い台風が直撃すると(4年に1度ぐらいは)その年の島バナナが全滅する事もよくあります。ですから、島ばななの生産量はいっこうに増えません。

自宅で島バナナを完熟させてみよう!

島バナナ1キロ。お部屋で吊るしてください。

写真の島バナナで1キロ(約10本の島バナナがついています)です。お部屋で吊るすといっても、このようにバナナハンガーを使えば場所をとりません。青いバナナをお部屋で吊るして、黄色く熟させるのはバーチャル栽培感覚で楽しいものです。

お部屋に吊るすと、お子様たちは大喜び間違いなしですよ(^○^)

※ご自宅で島ばななを熟させる際に大事なこと※

日陰で風通しの良い場所に吊るして下さい。到着後、1週間ほどで黄色く着色して完熟を迎えます。皮の色が黒くなる物もありますが品質には問題ありません。通常のバナナと比べると多少酸味があり濃厚な甘さがお口いっぱいに広がります。熟した頃の見極めは、芯と房のつなぎ目の部分が変色し、手で触るとやわらかみを持ってきた頃です。 熟してくるにしたがって、芳香が漂います。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

自動推薦この商品を購入された方は、つぎの商品にも興味を持っています